« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月14日

中央公園でのんびり

今日は、まず、祖父のお墓参り。

その後、富士宮市の朝霧に向かったのですが、富士市は晴天なのに、なぜか、朝霧はどしゃ降り・・・。

しかたがないので、富士市に戻ってきてお弁当を買って、中央公園でのんびりと過ごしました。

そして、夕方、東京へ。

2006年08月13日

Beach! Goodday sunshine!

今日は、静岡県にある静波と呼ばれる海水浴場に行きました。

いや、天気予報が幸いにも外れて、朝から晴天!
最高の海水浴日和でした。

しかし、ビーチにいると、なぜ、時間があんなにゆったりと流れるのでしょうか。
ビーチに来てもう2時間は過ぎたかな、と思っても、まだ30分しか経過していない。
不思議ですね。

夕方5時まで、存分に太陽と海を楽しみ、その後、実家に戻りました。

2006年08月12日

帰省

本日から帰省しています。

と言っても、今日は、実家で少しだけ体を休めた後は、眺望の素晴らしい焼津にある松風閣へ移動。
ここで夕食と宿泊。
明日に備えます。

2006年08月10日

銀座で買い物&ライブ

今日は、銀座で洋服や海水浴グッズを買い求め、その足で、内田聖司さんのライブへ。

芸能人の友人も多く、本当に耳の肥えたボクの友人も

「これだけのパフォーマンスができる人は初めて見た」

と感動していました。

そうなんです。
内田さんって、それくらい凄いんです。

昔、ブログにも書いたことがありますが、ジャーニーのスティーブ・ペリーより声量があって、かつ、多少、甘くした感じの声。

本当に、感動で涙が出てきます。

スタートは、ビリー・ジョエルの「オネスティ」。
もう、鳥肌もの。

途中で、「マイウェイ」を歌いましたが、恐らく、日本一、上手いでしょうね。
内田さんの「マイウェイ」を聞いたら、結婚式で「マイ・ウェイ」を歌おう、という人は誰もいなくなると思いますよ、いや、本当に。
「合唱部で鍛えてました」レベルの人が敵う領域ではないです。
草野球で上手いと誉められている人とイチローくらいの差がありますから。

エンディングでは、ボクのリクエストに応えて、「セパレイト・ウェイズ」を歌ってくれましたが、本当に、目の前にスティーブ・ペリーがいるみたい、観客総立ちで踊りまくりました。

2006年08月09日

日本秘書協会との打ち合わせ

10月に日本秘書協会の定例会で講演をさせていただくのですが、本日は、その事前打ち合わせを行いました。

打ち合わせの出席者が、たまたま、みんな近くで働いているということで、ボクのマンションから徒歩30秒のファミレスで、終始、和やかな雰囲気の中での打ち合わせ。

あとは、当日を迎えるだけです。

2006年08月08日

創立10周年パーティー

今日は、お世話になっている方の会社の創立10周年パーティーに行って来ました。

ただ、よくよく考えると、会社の祝賀会って出るの、初めてなんですよね。

Tシャツにジーンズというラフな格好で行ったら、みなさん、正装していて、かなり恥ずかしかったです(^_^;)

しかも、結婚式のときのようにご祝儀が必要なことも知らずに、その場で慌てて祝儀袋を買いました。

○万円の出費は・・・
ちょっと痛かったです(T_T)

でも、盛大なパーティーでしたね。

ボクは知りませんが、有名なお笑いタレントが芸を披露したり、わざわざヨーロッパ(どこの国かは忘れました)から、世界一のダンスチームを呼んだり。

成功者の笑顔を見ているのは気持ちのいいものですね。

2006年08月07日

討論の場は確実にネットに移行?

今回の亀田興毅の世界戦。

これは、「おかしいものはおかしい」「納得できないものはできない」という言論の自由、思想の自由の具現化の手段が完全にインターネットに移行した事を象徴する出来事として、昔の東芝のビデオのクレーム事件同様に、後世に語りつがられることになりそうですね。

東芝のときには、クレームを付けた人がサポートセンターの対応に納得がいかずに、自分のホームページに電話での会話録音ファイルをアップし、今ほど巨大ではなかったとは言え、知る人ぞ知る存在になり始めていた2chで話題となり、ついには一般紙、テレビまで巻き込んで、東芝の副社長が謝罪する事態になりました。

今回は、2chで祭りとなっているのは言う間でもありませんが、当時と違うのは、youtube の存在です。もう、著作権もなにもあったものではない。テレビの録画がバンバン、アップロードされています。

以下、ハイパーリンクをクリックすると音が出るので注意してください。
また、テレビ局の削除要請にyoutubeが応じて、デッドリンクになるのも時間の問題だと思われます。
※ちなみに、アップロードしたのは、もちろんボクではありません(笑)。念のため※

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=ly2-qjCWLZ0

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=FabvOOZn7Fg

⇒ http://youtube.com/watch?v=6C_Z4I2YnqI

しかし、やくみつるは、若貴兄弟の確執のときもそうでしたが、話題に便乗するのが好きというか上手いというか・・・。芸能界で不祥事があるとすぐにインタビューに応じる美川憲一や浅香光代を想起させますね。

それから、ガッツ石松さんは、頭がいいですね。「OK牧場」なんて言ってバカを演じていますが、頭の良さと人柄がしのばれて好感が持てます。

もはや、テレビ局が独自の倫理を上から押し付ける時代は崩壊した。
それを裏付ける事件となりましたね。

2006年08月06日

インタビュー、第3弾

第2弾の告知を忘れてしまいましたが、本日から、ボクのインタビューの第3弾が始まっています。

⇒ 好きを仕事に!心も財布も豊かになった普通の人たち
  ライフワークに生きる達人

大したことは話していませんが(^_^;)、興味がありましたら、ぜひご覧ください。

2006年08月05日

有頂天ホテル

今日は、DVDで『THE 有頂天ホテル』を見ました。

随所で爆笑させられる三谷脚本のコメディセンスは相変わらずさすがですが・・・
残念ながら、『ラヂオの時間』のような感動は残りませんでしたね。
出足好調だったわりには客足が伸び悩んだ理由が分かった気がします。

そして、そのあとは六本木のライブハウス。

2006年08月04日

ご心配なく(^o^)

昨日のブログ、『ミミズ』

アップしたら、すぐに4通も心配のメールが届いたので、慌てて非公開にしたのですが、どれほど格好をつけても、今のボクが昨日のブログに書いたような状況であることに変わりはありません。

そこで、昨日のブログを、再度、アップしました。

人間、「どうしたら楽ができるか」を考えながら生きる人生もありますが、そうした人生で得られるのは「楽しみ」だけだと思います。

「楽しみ」には持続性がありません。

「いやー、月曜日の朝飯はうまかったなー」、なんて金曜日に喜んでいる人を見たことがありますか?
「いやー、3年前のあのカラオケが頭から離れないよ」なんて人を見たことがありますか?

なぜ、「楽しみ」には持続性がないのか。
理由は簡単です。
そこには、それを手に入れるための「努力」「苦痛」が伴わないからです。
お金さえ払えば簡単に手に入ります。
だから、その感動も一瞬なのです。

もちろん、「楽しむ」ことは、人生で絶対に必要です。
たとえば、ボクは、明日は六本木に遊びに行きます。
「楽しみ」を手に入れるためです。

でも、「喜び」は違います。
これは、努力した者、苦痛を舐めた者だけがハードルを乗り越えた時に得られる最高のご褒美です。
その代わりに、簡単に手には入りません。
いや、手に入れる事ができずに破れて去っていく人もいます。

ボクも、「もう、よそう」「もう諦めよう」と思ったことは5回、10回じゃありません。

でも、まだ干からびていません。
確かに枯渇の兆候は見られますが、まだまだ、心には栄養が残っています。

そして、それがある限り、どんなに無様な姿を見せようとも、灼熱のアスファルトの上でのたうち回ろうと思います。

2006年08月03日

ミミズ

4月からいろいろと頑張っているのですが、すでに4ヶ月が経過するのに、なかなか事態が進展しません。

今のボクは、さながら灼熱のアスファルトに投げ出されたミミズですね。
心の栄養がどんどん蒸発して、干からびていくのがわかります。

世の中には、実力もないのに、背後の巨額マネーで世界チャンピオンにお膳立てしてもらえる人もいます。
それをショーと気付かずに熱狂するのも悪くないと思います。
楽しければいいわけですから。

でも、今のボクには、ショーを楽しむ気にも、またショーを楽しんでいる人を羨望する活力もありません。

損得抜きで実力だけが問われる一次会議は通過するのに、その後に控えている損得やコネで判断される会議で落とされる。
何十回、これを繰り返せばいいのか・・・

そろそろ恵みの雨が欲しいです。

でなければ・・・

本当に干からびてしまう・・・

2006年08月02日

昨日のブログに感想メールが来ました

昨日のブログに感想メールをいただきました。

ご本人の許可を得て、転載します。

---------------------
今週号のAERA、私も読みました。

私は2003年度に産業技術総合研究所(経済産業省)のバイオの研究所にいたわけですが、既にバイオの分野では、ITのみで構成される学術研究が非常に盛んです。この世界を、従来からの「Wet系」に対比させて「Dry系」と呼んでいて、既に大きなバイオ研究の環境です。

この分野では、既にノーベル賞級の研究のほとんどがこのDry系で行われています。つまり、他の人が研究して登録した遺伝子やたんぱく質の発現情報を、巨大なデータベースに登録し、そのデータの組み合わせで、新しい研究を行う、ということが普通なのですね。

おそらく、数年のうちには、間違いなくDry系だけの研究でノーベル賞が出てくるように思います。また、バイオ分野では、こういった遺伝子やたんぱく質の情報を網羅的に、大量にデータにする、ということが行われていて、かつ、この分野では、とったデータそのものが特許として認められることになっています。

特許というと、ついつい「権利を保護するもの」と思っていますが、それを第一義とした法律ではないのですね。日本でも米国でも、特許法の最初には「産業の振興」が主目的であることが必ず書いてあります。そして、そのために必要だから、という理由で、発明者の権利の保護がくっついている。そういうものなんですよね。だから、レアなバイオ情報データの特許化というのは、この流れに沿ったものなのです。

AERAの記事のお二方は、このような現状は、うっすらとしかわかっていない感じですが、大方の方向はあっていると思います。

2006年08月01日

今週のAERAは必読!

今週のAERAは必読ですよ、みなさま。

脳科学者・茂木健一郎氏と『ウェブ進化論』」の梅田望夫さんの対談「脳とネットは共に進化する」

読み応え抜群でした。

要旨を簡単にまとめると・・・

・楽天とグーグルはまったく違うビジネス
・ネットだけで研究してノーベル賞でもとる人が現れれば、ネットの世界はより進化する(大学不要論)
・ネーミングでは、グーグルでヒットしない名前が面白い
・ネットは開放系。だから進化する
・ネットと脳は酷似している(どう似ているかはネタばれになるのでAERAをお読みください)
・2015年、1975年生まれの人が40才になった時に激震が起こる

などなど

面白いですよ!