« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月30日

翻訳本のページを更新しました

ずっと、スキャンするのが億劫で長いこと放置してあったのですが、翻訳本のページを更新しました。

⇒ http://fushicho.com/books/2006/11/excel_vba_3.html

⇒ http://fushicho.com/books/2005/10/post_10.html

⇒ http://fushicho.com/books/2005/09/_excel_vba.html

などなど。

それよりも、これまでのテレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマスコミ登場履歴がまったく整理できていません(^^ゞ

なくしてしまったものも少なくありません(T_T)

整理整頓ができない癖は、子どもの頃から直りませんね・・・
トホホ・・・

2007年10月29日

食い逃げしそうになりました(^^ゞ

新橋のそば屋での出来事。

ボクは、六本木で遊んで、その場でみんなが解散したあと、時々、300円ほどで食べられるそば屋に行きます。

この値段ですから、店の造りは推して知るべし。

まあ、吉野家みたいな感じだと思ってもらえれば結構です。

で、新橋でも、小腹が空いたので、この手のそば屋に入っておそばを食べました。

そして、そのまま、店を出て5メートルほど歩いたところで、後ろから店員に腕を掴まれました。

実は、六本木のそば屋とこの新橋のそば屋。
造りも値段も似たり寄ったりなのですが、一つ、決定的な違いがあったのです。

それは、六本木は食券なのですが、新橋はレジだったのです\(◎o◎)/

習慣とは恐ろしいものです。

ボクは、考え事をしながらそばを食べている間に、てっきり、食券を買い求めたつもりになっていたのです。

ですから、何食わぬ顔で、お金も払わずに店を出てしまいました。

店員に、「お金、いただいてません!」と言われても、一瞬、「へ?」

しかし、すぐに、その店が食券ではなかった事に気付き、さすがに心臓が早鐘を打ちました。

「俺は、逮捕されちゃうのか? このまま、刑務所行きか!?」

すぐに店員と一緒に店に戻り、事情を説明して、代金を支払って事なきを得たのですが、店員は笑いをこらえきれない、という表情で言いました。

「いや。レジに人が立っているわけではないので、時々食い逃げはあるんですが、あんな堂々とした食い逃げは初めて見ました」

まあ、ボクは食券を買ったつもりでいたので、確かに、堂々とはしていましたが(汗)

みなさんも、気をつけましょうね!(笑)

そう言えば、東京に来るまで、吉野家は知っていましたが、松屋は知りませんでした。

「似たような牛丼屋があるものだな。
ちょっと、吉野家と味比べをしてみるか」

と、生まれて初めて松屋に入ったのは、もう3年も前なんですね。

本当に、時の流れは速いものです。

で、そのときに、ふと、思い浮かんだあのメロディ。

ジョニーが 来たなら 伝えてよ♪
二次会 松屋だと~♪

二次会が松屋じゃ、遅れて駆けつけたジョニーもがっかりですね(笑)
しかも、ジョニーって、名前からして格好良さそうだし。

2007年10月28日

頑張れ! Wあやの!

話は3日前に遡りますが、ある二人の女性を、カリスマ的な人気を誇る経営者の倉田俊相さんと、二人でお祝いする席を設けました。

その女性組みとは、先日、グラビアアイドルながらM-1の一次予選を突破したことが大々的に報じられた、Wあやのちゃんです。

ボクは、これまで、彼女たちの漫才を見てきて、

「アイドルが片手間にやっているレベルではない。必ず、彼女たちの時代が来る」

と信じて疑わない一人ですが、そうは言っても、M-1の一次予選に本当に通るのか、正直、ドキドキものでした。

ですから、通ったときの喜びもひとしお。

もちろん、二次予選も倉田さんと一緒に応援に駆けつけるつもりですが、ここに来て、打ち合わせが増えています。

11月4日だったら応援に行けるのですが、2日だったら微妙ですね・・・。

いずれにせよ、二次予選突破を信じながら、結果を楽しみに待つ事にします。

2007年10月24日

トムに洋服を着せました

少し寒さを感じるこの頃。

人間が寒いのですから、当然、犬も寒いわけです。

ということで、トムに洋服を着せてみました。

20071023133445.jpg

可愛すぎて、可愛すぎて・・・

親ばかですみませんm(_ _;)m>みなさま

2007年10月15日

「はまらんちょ」に出演しました

本日は、テレビ神奈川の「はまらんちょ」に生出演しました。

「ベストセラー作家」ということで呼んでいただいたのですが、最初の質問は

「ITライターとして成功したのに、なぜ小説を?」

ボクも人間ができていないな、と猛省していますが、生放送にも関わらず、このとき、一瞬、険しい表情をしてしまいました。

だって、『エブリ リトル シング』発売後、インタビューの一番最初は、必ずこの質問だからです。
「険しい」というよりも、「え? また、その質問?」と、一瞬、唖然としてしまった、という感じでしょうか。

いえ、さらに厳密に言えば、同じことを何度もテレビ、ラジオ、雑誌などで話している自分に困惑して、照れ隠しの表情を作ってしまった、というのが本音です。

ただ、聞く方は初めての質問なのですから、照れてはいけないですよね。
本当に、猛省しています・・・m(_ _)m

実は、自分でも意外なのですが、テレビの生出演は、今回が3回目か4回目と、意外に少ないんですよね。
収録出演はたくさんあるんですが。

ボクの生放送の時の話し方と収録の時の話し方を聞き比べたことがある方はもちろんいらっしゃらないと思いますが、ボクは、生放送では早口で、収録の時はゆっくりと話すように心掛けています。

その後も予定があったので、その日は、一日中、化粧をしたままでした(笑)

2007年10月14日

トムを実家に預ける事にしました

なぜか、ブログに書き忘れていたのですが、ボクは、8月4日から犬を飼い始めました。

tom.JPG

都に夢、と書いて「トム」といいます。

チワワ×シーズーの♂

買った時の体重は700g

ペットボトルみたいに片手で持ち上げて遊んであげていました。

そのトムも、2Kg弱の体重になったのですが、なんと、7泊8日の帰省中に、ボクよりも両親になついてしまったのです。

ボクは、部屋にこもってずっと執筆。

最初は、あまりいい顔をしていなかった両親も、しだいにトムの可愛らしさ、けなげさにノックダウン。

特に、決められた場所できちんとトイレをし、終わると、「トイレしたよ!」と報告に来る姿がたまらなく可愛いそうで、もう、一日中、「ほら、トム、チーズ」「ほら、トム、お散歩いくよ」ですから、両親になつくのも当たり前ですね(笑)

それにトムにとっても、ボクの狭いマンションよりも、家中を飛びまわれるボクの実家の方がいいに決まっています。

公園にも連れて行って貰えるし。

ということで、後ろ髪を引かれる思いで、トムを実家に預けてきました。

これからは、可能な限り時間を見つけて、ボクがトムに会いに行くことにします。

2007年10月13日

なんと! 7泊8日の帰省

上京して3年3ヶ月。

この間、ボクは、実家に続けて2泊以上したことがありません。

盆暮れ正月でさえ1泊2日でした。

ところが、今回は、なんと7泊8日の帰省でした。

「環境を変えると執筆がはかどる」と聞いて、ただ、別荘もありませんし、ネットにつながるかどうかも怪しい旅館に行くのも不安だったので、思い切って、実家に戻ったのですが、仕事がはかどる事、はかどる事。

現在、かなり真剣に、静岡と東京の二重生活を考え始めています。

2007年10月08日

馬車馬に失礼!?

昨日、昇仙峡の話を書きましたが、昇仙峡では馬車に乗りました。

basyauma.jpg

そのときに痛切に感じたこと・・・。

馬車は、大の大人が15人ほど乗れます。子どもを抱えれば20人ほど。
荷台の重さは1トンはあるでしょう。

そして、馬車馬は、その1トンの荷台を引きながら、アップダウンの激しい道のりを1Kmも歩くのです。
しかも、一日に何往復も・・・

馬車馬の「ぜいぜい」という息切れが聞こえるたびに、ボクは胸が締め付けられる思いでした。

こんなの、観光でもレジャーでもありません。
単なる動物虐待です。

今の時代、別に馬車である必要がどこにありますか?
バスでいいじゃないですか。

よく、過酷な労働をすることを「馬車馬のように働く」といいます。
しかし、人間がどれほど働いても、あの馬車馬にかなうはずはありません。
前言撤回。
あの過酷さは、虐待を通り越して拷問に過ぎません。

「馬車馬のように働く」という表現は、馬車馬に対して失礼なように思えてなりません。

冗談めいた比喩に聞こえるかもしれませんが、ボクの本音です。

2007年10月07日

昇仙峡

7日に、昇仙峡に行ってきました。

3連休のど真ん中でしたので、かなりの混雑を覚悟していたのですが、思いのほか空いていました。
多分、紅葉前だからでしょう。

これが、昇仙峡の模様です。

shosenkyo.jpg

この写真を撮った場所にある「ほうとう会館」は絶対のお勧め。
ほうとうはもちろんのこと、ほうとう饅頭が売っているのですが、これが美味なることこの上なし。

昇仙峡に行かれた方は、ぜひ、買い求めてみてはいかがでしょうか?

2007年10月04日

自由が丘にて・・・

今日は、仕事で自由が丘に行ってきました。

なにをしに行ったのか、もう、ブログに書きたくてうずうずしているのですが、あと2週間もしたら、ボクがブログに書かずとも、公になるでしょう
(もちろん、ボクもブログに書きますが(笑)

いずれにせよ、今月は、今年の最後の2ヶ月、11月と12月に大暴れするための下ごしらえをしています。

では、これから友人の誕生パーティーに行って来ます(^o^)/