かんたんプログラミングExcel2002 VBA コントロール・関数編
詳細(まえがきより抜粋)

 本書は、“1人の落後者も輩出しない解説書”のキャッチコピーで十数回もの増刷を繰り返し、『かんプロ』の愛称で今なお親しまれ続けている『かんたんプログラミングExcel2000 VBA』シリーズの増補改訂本であり、4部作の第2部にあたる『コントロール・関数編』です。

特徴1 本書はExcel VBAのコントロールと関数の専門書
 Excel2002 VBAには、コマンドボタン、テキストボックス、リストボックスなどの、いわゆる「ActiveXコントロール」が搭載されています。そして、これらのコントロール群とExcelの機能を巧みに組み合わせるテクニックを習得すると、本家のVisual Basic(以下、VB6.0)顔負けのアプリケーションが開発できるようになるのです。
 また、VB6.0には当然のごとく関数が装備されています。関数がなければ、高度な演算や日付/時刻の入出力処理、さらにはデータベースの分析などができないためです。そして、VB6.0に搭載されている充実した関数は、そっくりそのままVBA関数としてExcel2002 VBAにも実装されています。つまり、Excel2000 VBAはVB6.0そのものなのです。実際に、両者は同じランタイムエンジンを共有していることがそれを証明しています。
 ならば、コントロールと関数を徹底的に解説した「専門書」があってもいいのではないか。そして誕生したのが、本書『コントロール・関数編』です。

特徴2 「1人の落伍者も輩出しない解説書」を目指して
 本書には118もの即効性の高いサンプルマクロを収録いたしました。ハードルが高いと思われがちなコントロールと関数を、豊富な事例を軸にここまで詳細に解説できたのは、やはり本書が「コントロールと関数の専門書」だからなのだと思います。
 「広く、そして深く」。この網羅性と奥行きの深さは、本書が専門書だからこそ実現できたのだと思います。「他の追従を許さない専門書」。読後にみなさまがそう感じてくだされば、筆者としては至福の極みです。