Windowsショートカットキーポケットリファレンス
詳細(まえがきより抜粋)

 本書はWindows、Internet Explorer、Outlook Express、Word、Excelに関するショートカットキーを操作の目的別に分類して紹介しています。

 ショートカットキーというと、パソコン上級技や裏技として認識されがちですが、そもそも「ショートカット(shortcut)」は「近道」「手っ取り早い方法」という意味です。つまり、ショートカットキーはパソコン初心者から上級者まで、全てのユーザーの操作を楽にするためのものなのです。また、頻繁に実行する操作については、ショートカットキーを使うことで、確実に仕事の効率がよくなります。

 しかし、数百個もあるショートカットキーを覚えるのは大変なことです。繰り返し使っているうちに自然と覚えていくものですが、それまでの間は、本書をお手元に置いていただければ幸いです。目的のショートカットキーを探しやすいように目次も工夫してみました。また、一般的によく使われているかどうかを頻出度として「☆」の数で表しています。